介護ソフトを使って事務作業を楽に!備わっている機能とは?

SITEMAP

介護のお姉さんと老人

専用の介護ソフトを使えば給与計算などが楽になる

老人と手をつなぐ

介護事業所では職員を雇っている所も沢山ありますが、職員を雇ったらお給料を支払わなければいけません。そこで、大活躍するのが給与計算機能です。介護ソフトの中には給与計算機能が付いている製品もあり、職員のお給料計算が楽になります。お給料の計算の他に、勤怠管理ソフトとの連携機能や、振込機能などが付いているのでお金に関する面倒を大幅に減らせます。これから介護ソフトを導入するなら給与計算機能が付いている物を選ぶとよいでしょう。
介護ソフトの中に給与計算機能が組み込まれていれば、その分だけコスト削減になりますし、別のソフトを覚えなくても良くなります。介護ソフトとは別に給与計算ソフトを購入するとそれだけでかなりのコストが掛かるので、コスト削減のためにも有効です。別のソフトを覚えるのも時間がかかりますし、ソフトを一々起動する手間も入ってきますので、仕事を楽にしたいなら給与計算機能付きのものがおすすめです。
事業が大きくなってくると、給与計算や税金の計算、年末調整などお金に関する計算が大変になってきますので介護ソフトの導入をしてみましょう。また、介護ソフトの給与計算機能の使い勝手を確かめたい方は、ソフトウェア販売会社の体験版を使う手もあります。

介護ソフトを使えば事務作業を楽に出来る

介護福祉施設で働く介護士は、高齢者の食事介助や排泄介助をする他にも事務作業をしなければいけないことも多いです。例えば、高齢者の排泄介助をしたら、その記録を付ける事務作業があります。全て手書きで管理すると、事務作業の時間が拡大しやすいので、効率的に事務作業を終わらせたいなら介護ソフトを使うのが得策です。
介護ソフトを使えば事務作業を減らせるので、減らせた時間をケア提供時間に充てることが出来ます。負担軽減だけではなく、高齢者へのケアを充実させ満足度を高められますので、今では多くの事業所が介護ソフトの導入をしています。
また、介護ソフトで記録をデータとして保存することで、資料作成や監査もしやすくなるメリットも生まれます。CSVにしてデータを出力したり、入居者のデータを一覧で表示したり出来ますので、データを元に分析したいというときにも活躍してくれるでしょう。ちなみに、タブレットで使える介護ソフトもあり、それを使うと手書きのメモを介護ソフトに入力するために転記する手間を省けます。メモに手書きするのではなく、タブレットを持ち歩いて入力する必要が出たら直接そのまま入力できるからです。事務作業を極力減らしたい方は、タブレットで使える介護ソフトもチェックしましょう。

介護ソフトにはどんな機能が備わっているのか

IT技術が発達したことによって、介護業界における事務作業は介護ソフトを使ってこなす事業所も増えています。そして、介護ソフトはどんな機能が備わっているのかというと、日常業務を補助してくれる機能と、介護保険の請求といった重要な手続きを楽にしてくれる機能があります。
はじめに、日常業務を補助する機能としては、ケア記録を付ける機能やケアプランの作成機能があります。介護士なら高齢者に対して介護サービスを提供したら、ケア記録として残しますが、介護ソフトにデータを打ち込んでおけばいつでもそのデータを見返したり共有する事が可能です。また、居宅介護支援事業所のケアマネジャーなどは、高齢者のケアプランの作成をしますが、そこでも利用者の情報をまとめたり管理するために介護ソフトは活躍してきます。
その他には、売上や職員の給与を管理する機能、データからグラフを作成して出力する機能があり、どれもより良いケアを実現するためには重要なものばかりです。介護ソフトが無くても仕事は出来ますが、介護ソフトがあったほうが効率的に業務をこなせますので、まだ導入していない所やこれから事業所を運営される方は、介護ソフトの導入準備をしていきましょう。

介護ソフトを導入するなら「ケア樹」の介護ソフトを導入してみましょう。操作が簡単で誰でも利用しやすく、様々な機能がついています。無料体験でもできるので、導入をお考えなら一度、チェックしてみてください。